上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
伯爵に真実のキスの作法 (ラズベリーブックス)伯爵に真実のキスの作法 (ラズベリーブックス)
(2012/01/10)
ローラ・リー・ガーク

商品詳細を見る


2012年、一発目の訳書紹介は、森なおみさんの作品です 

◆◇◆━━━ 竹書房より ━━━◆◇◆

ヴィクトリア時代、ロンドン。理不尽な理由で仕事をクビになったデイジーは、夢だった作家になろうとマーロウ子爵の経営する出版社に小説を持ち込む。ところがひょんなことから著名な作家であるアヴァモア伯爵セバスチャン・グラントの新作舞台の批評を、新聞に書くことになってしまう。感じたままに彼の舞台を酷評したデイジーだったが、翌日激怒して出版社にやってきたゼバスチャンとばったり会い、激しく文学論議を戦わせる。
後日、マーロウと面会したデイジーが頼まれたのは小説を書くことではなく、セバスチャンの執筆を手伝うことだった。じつはセバスチャンは、4年近く前にマーロウが依頼した新作をまだ書きあげていなかったのだ。最悪の出逢いにも関わらず、憧れの作家と仕事ができることにデイジーの気持ちは浮き立つが、セバスチャンはどうしても執筆しようとしない。あの手この手で彼に書かせようとがんばるデイジー。そんな彼女と接するうちにセバスチャンの心にも情熱が芽生えはじめる。忘れていたはずの創作と、そしてデイジーへの熱い思いが……。

 本サイト『東江一紀親衛隊ё

Posted by ё
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。