上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
悪魔公爵の子 (MIRA文庫)悪魔公爵の子 (MIRA文庫)
(2011/05/13)
ジョージェット ヘイヤー

商品詳細を見る


本日は、後藤美香さんの最新訳書のご紹介です。

◆◇◆━━━ MIRA文庫より ━━━◆◇◆

ヒストリカル・ロマンスの祖ジョージェット・ヘイヤー。リンダ・ハワード一番のお気に入り作品! “傲慢で、放埒”なヒーローを、愛さずにはいられない!

メアリーは、美人で無分別な妹が最近ヴィダル侯爵に言い寄られて、すっかりのぼせていることに懸念を抱いていた。ヴィダルは冷酷と放埒で名高い“悪魔”公爵の息子で、結婚の意思などないことは明らか。妹が愚かにも愛人になるつもりではないかと心配していたとき、彼女は偶然、ヴィダルが妹を深夜の密会に誘う手紙を手にする。家族の評判を守り、侯爵を遠ざけるためにメアリーは一計を案じ、妹になりすまして密会場所に赴いた。だが姿を明かした瞬間、ヴィダルは騙されたと知って癇癪を爆発させ、代わりに彼女を連れ去った!

 本サイト『東江一紀親衛隊ё

Posted by ё
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。