上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マシン・オブ・デスマシン・オブ・デス
(2012/01)
ライアン ノース、 他

商品詳細を見る


きょうは旦紀子さんの最新訳書のご紹介です 

◆◇◆━━━ アルファポリスより ━━━◆◇◆

血液をもとに人々の「死」を予言する“死の機械”。しかしその機械は「死因」のみを示し、日時や場所、その他の情報は一切与えられない―― Web発の企画によって集められた700篇から厳選34編を収録! 自費出版ながら全米No.1を獲得したSFエンタメアンソロジー、ついに日本上陸!

 本サイト『東江一紀親衛隊ё

Posted by ё
スポンサーサイト
ブーメランブーメラン
(2012/01/25)
マイケル・ルイス

商品詳細を見る


きょうは、東江師匠の最新訳書のご紹介です 

◆◇◆━━━ 文藝春秋より ━━━◆◇◆

マネー・ボール』『世紀の空売り』に続く痛快金融ノンフィクション

サブプライム危機で大儲けした男たちが次に狙うのは「国家の破綻」。アイスランド、アイルランド、ギリシャ、ドイツ、そして日本。

《担当編集者からの一言》

マネー・ボール』『世紀の空売り』の著者が、描くのは欧州危機。漁師たちが投資銀行家になった金融立国のアイスランド、公務員が民間企業の3倍の給料をとるようになってしまったギリシャ、国民全体が大借金を負うことになったアイルランド、そしてユーロ最後の貸し手ドイツ。バブルの膨張とその崩壊がその国ごとにまったく違った悲喜劇を生んでいることを、観察眼豊かに描きます。新聞ではわからない危機の本質。(SS)

 本サイト『東江一紀親衛隊ё

Posted by ё
なぜ人は走るのか: ランニングの人類史なぜ人は走るのか: ランニングの人類史
(2011/12/08)
トル・ゴダス

商品詳細を見る


今発売中の週刊文春に『なぜ人は走るのか: ランニングの人類史』の書評が掲載されました~  (と、教えてもらった…… 。情報提供者さま、どうもありがとうございました 

クリックしてね
020120126週刊文春

アマゾンでも順位上昇中  (だそうな。情報提供者さま、どうもありがとうございました 

 本サイト『東江一紀親衛隊ё

Posted by ё
億万長者の黄金律 名トレーダーから学ぶ投資の教訓億万長者の黄金律 名トレーダーから学ぶ投資の教訓
(2012/01/20)
グレン・アーノルド

商品詳細を見る


きょうは、峯村利哉さんの最新訳書のご紹介です。

◆◇◆━━━ 朝日新聞出版より ━━━◆◇◆

莫大な富を築いた投資には、この「法則」があった! ベンジャミン・グレアム、フィリップ・フィッシャー、ウォーレン・バフェット、チャーリー・マンガー、ジョン・テンプルトン、ジョージ・ソロス、ピーター・リンチ、アンソニー・ボルトンといった偉大なる投資家たちの投資戦略を分析。「プロ」はもちろん、「普通」の投資家にも役に立つ投資哲学、投資手法を明らかにする。億万長者たちの成功の秘訣が凝縮された一冊!

 本サイト『東江一紀親衛隊ё

Posted by ё
彼女たちの麗しき恋事情 (MIRA文庫)彼女たちの麗しき恋事情 (MIRA文庫)
(2012/01/13)
ローリー フォスター、ヴィクトリア ダール 他

商品詳細を見る


きょうは、皆川孝子さんの、2012年最初の訳書のご紹介で~す 

◆◇◆━━━ MIRA文庫より ━━━◆◇◆

L・フォスター、V・ダール他全米ベストセラー作家が集結! 振り向けば、セクシーすぎる彼がいた――身も心も焦がす濃厚な官能アンソロジー。

地味でお堅い女教師ナタリーは、ある秘密を抱えている。それは、同じアパートに住むセクシーな男性ジェット・サッターと夜ごとベッドをともにしていること。存在すら知らずにいた甘美な世界を彼に教わり、退屈だったナタリーの生活は一変した。だが、いつかはジェットとの関係も終わるのだと思うと胸が痛むようになり……。人気作家ローリー・フォスター作『昼の顔、夜の顔』他、スーザン・ドノヴァン作『プライベート・バカンス』、そして期待の新星ヴィクトリア・ダールが綴る衝撃作『誰にも言わないで』の3編を、豪華収録!

 本サイト『東江一紀親衛隊ё

Posted by ё
伯爵に真実のキスの作法 (ラズベリーブックス)伯爵に真実のキスの作法 (ラズベリーブックス)
(2012/01/10)
ローラ・リー・ガーク

商品詳細を見る


2012年、一発目の訳書紹介は、森なおみさんの作品です 

◆◇◆━━━ 竹書房より ━━━◆◇◆

ヴィクトリア時代、ロンドン。理不尽な理由で仕事をクビになったデイジーは、夢だった作家になろうとマーロウ子爵の経営する出版社に小説を持ち込む。ところがひょんなことから著名な作家であるアヴァモア伯爵セバスチャン・グラントの新作舞台の批評を、新聞に書くことになってしまう。感じたままに彼の舞台を酷評したデイジーだったが、翌日激怒して出版社にやってきたゼバスチャンとばったり会い、激しく文学論議を戦わせる。
後日、マーロウと面会したデイジーが頼まれたのは小説を書くことではなく、セバスチャンの執筆を手伝うことだった。じつはセバスチャンは、4年近く前にマーロウが依頼した新作をまだ書きあげていなかったのだ。最悪の出逢いにも関わらず、憧れの作家と仕事ができることにデイジーの気持ちは浮き立つが、セバスチャンはどうしても執筆しようとしない。あの手この手で彼に書かせようとがんばるデイジー。そんな彼女と接するうちにセバスチャンの心にも情熱が芽生えはじめる。忘れていたはずの創作と、そしてデイジーへの熱い思いが……。

 本サイト『東江一紀親衛隊ё

Posted by ё
今年(2011年分)のアマゾンアフィリエイトのご報告です。

今年のカンパ額は、1,656円です。

当サイト経由でアマゾンにてお買い物してくださった皆々様、カンパにご協力、誠にありがとうございました 
今後も何卒よろしく onegai02t.gif 申し上げます。

「アマゾンアフィリエイトの報告」って何? という方は、  こちら をどうぞ。

売上商品の詳細は「続きを読む」  をクリックしてください。
[アマゾンアフィリエイト(2011年)]の続きを読む


 新年  明けましておめでとうございます 
本年もよろしくお願い申し上げます 

 本サイト『東江一紀親衛隊ё
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。