上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
完訳 オズのオズマ姫 《オズの魔法使いシリーズ3》完訳 オズのオズマ姫 《オズの魔法使いシリーズ3》
(2011/11/25)
ライマン・フランク・ボーム

商品詳細を見る


きょうは、ないとうふみこさんの最新訳書のご紹介です。
いやあ、楽しそうだなぁ~ 

あ、ないとうふみこさんと言えば、「翻訳ミステリー大賞シンジケート」にこんな記事がUPされておりました。
うおぉ~! はじめまして、ないとうふみこ様 

◆◇◆━━━ 復刊ドットコムより ━━━◆◇◆

不朽の名作シリーズが、完訳版でよみがえる!
未邦訳作品『オズの小さな物語』を加えた全15巻で登場!!

1900年にアメリカで出版された『オズの魔法使い』は、出版されるやいなや、子どもたちの心を魅了し、空前のベストセラーとなった作品です。その後、作者である児童文学作家のライマン・フランク・ボームは、“オズの国”を舞台にした続編を、約20年かけて次々と発表していきます。ボームに生み出された、《オズ・シリーズ》は14作となり、シリーズ誕生から100年以上が経つ現在でも、世界中で愛読され続ける不朽の名作となりました。

今回は、シリーズ1巻目にあたる『オズの魔法使い』だけでなく、2~14巻までの続編と、日本で初めて出版されることになる『オズの小さな物語』(Little WIZARD Stories of Oz)を合わせた全15巻の《オズの魔法使いシリーズ》として、完訳版で刊行いたします。

装画・挿絵は“ハリスおばさんシリーズ”などでもおなじみのサカイノビー氏。キュートなイラストで彩られた《オズの魔法使いシリーズ》を、どうぞお楽しみください。

 本サイト『東江一紀親衛隊ё

Posted by ё
スポンサーサイト
変わらざるもの (PHP文芸文庫)変わらざるもの (PHP文芸文庫)
(2011/09/17)
フィリップ・カー

商品詳細を見る


もう師走が目の前ですね……。早い 

さてさて!
きょうは、柳沢伸洋さんのデビュー作『変わらざるもの』の書評が本日の毎日新聞に掲載されていたので、お知らせです 

クリックして、大きくして読んでね 


 本サイト『東江一紀親衛隊ё

Posted by ё
もしも願いがかなうなら (MIRA文庫)もしも願いがかなうなら (MIRA文庫)
(2011/11/15)
ジュディス マクノート

商品詳細を見る


きょうは、後藤美香さんの最新訳書をご紹介いたします。

◆◇◆━━━ MIRA文庫より ━━━◆◇◆

ジュディス・マクノートがクリスマスに贈る優しい二粒の涙。人気作家のコンテンポラリーとヒストリカル、二つの時代のラブストーリーを収録!

1826年、英国。才気煥発な準男爵の娘ジュリアナは強欲な母親に強いられるまま、フランス貴族ニッキーと愛のない結婚をすることに。心のよりどころは愛する亡き祖母へ宛てて手紙を綴ることだけで……(『綴られし乙女の祈り』)。現代、アメリカ。写真家コーリーは、かつての憧れの人スペンスと撮影現場で再会。2人の距離は縮まったかに見えたが、思わぬ誤解がもとでまた離れ離れに……(『君とめぐり逢うまで』)。読み継がれるヒストリカルの名作『とまどう緑のまなざし』、大絶賛の近作『君といたあの頃に』の各関連作を収録!

 本サイト『東江一紀親衛隊ё

Posted by ё
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。