上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年、正座こそできないが、今年もなんとか生き長らえることができたёです 
みなさまはどんな一年を過ごされたのでしょうか。
来年のきょうも「ありがとう」と言える、そんな2011年でありますように…… onegai03t.gif

今年も一年、どうもありがとうございました 

よいお年をお迎えください w01.gif

kusyami02.gif

 本サイト『東江一紀親衛隊ё

Posted by ё
スポンサーサイト
悪女と呼ばれた淑女 (ハーレクイン・ロマンス)悪女と呼ばれた淑女 (ハーレクイン・ロマンス)
(2010/12)
アビー グリーン

商品詳細を見る


きょうは、皆川孝子さんの最新訳書のご紹介です
ハーレクインのHPでは、1月5日刊行になっているんだが、アマゾンではもう購入可能になっている。なんでじゃろ…… hatena01.gif
ま、小さな事には拘らずってことで 

◆◇◆━━━ ハーレクインより ━━━◆◇◆

抑えこまれた情熱が、今、目覚めようとしている。
スポーツキャスターのアラーナは、ある日試合後のパーティーで、著名な億万長者からインタビュアーに指名されたと知らされる。困惑しながら本人と顔を合わせたとたん、胸がざわめいた。彼は、ついさきほどスタジアムで誘ってきたパスカル・レヴェック。圧倒的な魅力に屈するのが怖くて、すげなく断ったのに……。一方、すぐにインタビューを手配したパスカルは興味深い話を耳にした。なんでも、アラーナは国民的人気のサッカー選手と華々しく結婚したのち、夫を捨ててぼろぼろにした、有名な悪女だというのだ。だが、目の前にいるアラーナは清楚で貞淑そのもの。本当の姿を暴きだし、彼女をものにしてみせる。パスカルは狙いを定めた。

 本サイト『東江一紀親衛隊ё

Posted by ё
菫色の空へ (ソフトバンク文庫)菫色の空へ (ソフトバンク文庫)
(2010/12/22)
クレスリー・コール

商品詳細を見る


また(!)、ご紹介が遅れてしまいました……。すみません 

きょうは、きのう刊行の松井里弥さんの最新訳書です 

◆◇◆━━━ ソフトバンククリエイティブより ━━━◆◇◆

二度のRITA賞に輝く、最強パラノーマル・シリーズ最新刊!
デーモンの傭兵カデオンは、自分のせいで兄の王国が魔道師の手に渡ってしまったことを悔いながら、九百年ものあいだ、その魔道師を倒す手段を探していた。そしてついに見つかったその方法とは、彼の運命の女ホリーを別の魔道師に差し出すことだった。最後は裏切ることになると知りながら、カデオンはホリーとともに魔道師のもとへ向かう。無垢で几帳面な数学者ホリーと逞しくセクシーな傭兵カデオン。ふたりの旅に未来はあるのか……波乱の展開が待ち受ける〈ローア〉シリーズ第5弾!

 本サイト『東江一紀親衛隊ё

Posted by ё
フリーフォール グローバル経済はどこまで落ちるのかフリーフォール グローバル経済はどこまで落ちるのか
(2010/02/19)
ジョセフ・E・スティグリッツ

商品詳細を見る


本日付の毎日新聞、『2010年「この3冊」――㊦』で、中央大教授の中村氏が『フリーフォール グローバル経済はどこまで落ちるのか』を挙げておりましたぁ~ 

クリックで 


 本サイト『東江一紀親衛隊ё

Posted by ё
告発・現代の人身売買 奴隷にされる女性と子ども告発・現代の人身売買 奴隷にされる女性と子ども
(2010/12/17)
デイヴィッド・バットストーン

商品詳細を見る


きょうは、山岡万里子さんの最新訳書のご紹介ですよ~ん 

◆◇◆━━━ 朝日新聞出版より ━━━◆◇◆

貧困がもたらす虐待、監禁、売春、強制労働。世界には3000万人の「奴隷」がいる。その多くは子どもたちだ。売春婦として売りとばされる少女、武装ゲリラに拉致され兵士として育てられる少年……。10月刊の原書改訂版を邦訳。

 本サイト『東江一紀親衛隊ё

Posted by ё
視覚はよみがえる 三次元のクオリア (筑摩選書)視覚はよみがえる 三次元のクオリア (筑摩選書)
(2010/12/15)
スーザン・バリー

商品詳細を見る


1日遅れになってしまいましたが(すみません )、きょうは、きのう刊行の宇丹貴代実さんの最新訳書をご紹介いたします 

◆◇◆━━━ 筑摩書房より ━━━◆◇◆

回復しないとされた立体視力が四八歳で奇跡的に戻った時、風景も音楽も思考も三次元で現れた──。神経生物学者が自身の体験をもとに、脳の神秘と視覚の真実に迫る。

 本サイト『東江一紀親衛隊ё

Posted by ё
価格競争は暴走する価格競争は暴走する
(2010/12/11)
エレン・ラペル・シェル

商品詳細を見る


きょうは、楡井浩一さんの最新訳書のご紹介ですよ~ん 

◆◇◆━━━ 筑摩書房より ━━━◆◇◆

本当の価格の話をしよう
1ドルショップ、格安ブランド、量販店は、なぜ安くできるのか。その本当の価格とは──。緻密な取材で、恐るべき価格戦略と、安値の裏で進行する戦慄の実態に迫る。

 本サイト『東江一紀親衛隊ё

Posted by ё
真夜中にかわす口づけ (ラズベリーブックス)真夜中にかわす口づけ (ラズベリーブックス)
(2010/12/10)
エマ・ホリー

商品詳細を見る


きょうは、昨日に引き続き竹書房さんからの新刊、桐谷知未さんの訳書をご紹介いたします 

◆◇◆━━━ 竹書房より ━━━◆◇◆

1922年、ロンドン。15歳のエステルは大学教授のエドマンド・フィッツクレアと出逢う。自分の知っているどの男性よりも若々しく、容姿端麗な彼にエステルは心を奪われる。その出逢いはエステルの人生を変えた――。
それから11年後、エステルはいまではエドマンドや彼の養子であるサリー、グレアム、ベンとともに家族同様に暮らしていた。両親を亡くした彼女を、エドマンドが引き取ってくれたのだ。家族として暮らしながらも、エステルの彼への想いは時が経つにつれ、さらに深い愛へと変わっていった。
不思議なことに、エステルだけにはエドマンドはすこしも年をとらないように見えるのだ。もちろん、他の家族のことを思うとその想いを口にすることはできない。……しかし、じつはよき父親であるエドマンドには家族に隠し続けている秘密がふたつあった。
ひとつめは2千年以上生きてきたヴァンパイアだということ。もうひとつは、エステルに対して激しい愛情をずっと抱いてきたこと。その感情は2千年間、感じたことがないほどの衝動だった。
――20世紀初頭のロンドンを舞台にしたスーパーホットなヴァンパイア・ロマンス、ついに開幕!

 本サイト『東江一紀親衛隊ё

Posted by ё
不埒な公爵のキスの作法 (ラズベリーブックス)不埒な公爵のキスの作法 (ラズベリーブックス)
(2010/12/10)
ローラ・リー・ガーク

商品詳細を見る


きょうは、森なおみさんの最新訳書のご紹介です 

◆◇◆━━━ 竹書房より ━━━◆◇◆

ヴィクトリア時代、ロンドン。お針子のプルーデンスは雇い主にこき使われる毎日を送っていた。舞踏会に駆りだされたある夜、意地悪な伯爵令嬢から救ってくれたのは、まばゆい笑顔をたたえたセント・サイアス公爵、リースだった。さらに舞踏会からの帰り道、女中を暴漢から助けるところに出くわし、彼はプルーデンスの理想の男性となった。
その翌日、フラットに戻ったプルーデンスを弁護士が待っていた。行方不明だった父親がアメリカでデパート王として成功したのち亡くなり、財産すべてを彼女に残したのだ。ただのお針子が、イギリス一の大金持ちになると聞き、驚くプルーデンス。ただし、相続には1年以内に結婚しなくてはならないという条件があった――。初めはただ幸運を喜んでいたプルーデンスだったが、噂はまたたくまに広がり、次第にとまどいをおぼえるようになる。
そんなとき、女相続人であることを「知らず」に、リースが声をかけてきたことで、心から安堵を覚える。だがリースは実は噂をすでに知っており、借金だらけの公爵家を立て直そうと“プルーデンス好みの”恋愛のふりで誘惑しようと考えていたのだった。勇敢で紳士的な公爵として振舞おうとするリース。だが計画を進めていくうちに財産は関係なく、ただ彼女に愛されたいと思うようになってしまう。
リースの愛を信じるプルーデンスと愛に目覚めてゆくリース――ふたりの恋の結末は?

 本サイト『東江一紀親衛隊ё
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。