上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20091231-1.png





20091231-2.png


 本サイト『東江一紀親衛隊ё

Posted by ё


スポンサーサイト


これ(写真)  を作って(加工)いて、悩んだ。
「つば九郎」の数え方……。
「つば九郎」は「人間」じゃないから「○人」じゃないよな。
「燕」だから「○羽」か……?
でも、厳密にいうと、「燕」でもなくて、「人」と「燕」を合体させた「マスコット」だよね??
なんて数えればいいんだろう……。
「○体」か? 「○個」か?
でも、それってファンとしては、ちっと寂しいなあ。

こんなことで悩んでるёって、ああ暇人 
穏やかな年越しになりそうだ 

20091230-2.jpg

そしてこれ  は、今年の(ファミリー)クリスマスプレゼント。
通常は、ひとり3000円目安なんだけど、今年は家族の半数以上が金欠病のため
質素。
それでも、図書カードは今年もGet 
どの本、買おうかな~ん  (もう1個“0”がついていたらよかったのに~)


※訂正 「ラッキカラー」  「ラッキカラー」 
2009年入力ミス納め。かっかっか 

 本サイト『東江一紀親衛隊ё

Posted by ё
We Wish You A Merry Christmas



20091225-2.jpg

20091225-3.jpg


 本サイト『東江一紀親衛隊ё

Posted by ё
わが家では、ひと足早く22日にクリスマス 
今年は、ふと思い立ち、(なんちゃって)リースを作ってみました。その辺にあるもので作ったので、制作費は0円 
ちょっといびつで不細工だけど、0円なら……、ま、いいっか 



20091224-2.jpg


そして、今年のケーキは……



[お先に~☆彡]の続きを読む
きのう、通りすがりにちょろっと寄ってみた本屋さん「ブックスDO」で、『犬の力』上下巻が平積みされているのを発見 yahho01.gif
順調に版を重ねているようで  、ёが持っているのと、帯が違う 
こ、これも……欲しいなあ~  と、じぃーっと見つめるё。


本屋さんのお隣では……  ワンちゃんたちが!

[ちょっと寄り道]の続きを読む
テメレア戦記III 黒雲の彼方へテメレア戦記III 黒雲の彼方へ
(2009/12/26)
ナオミ ノヴィク

商品詳細を見る


お待ちかね! 那波かおりさん翻訳『テメレア戦記』の第3巻がいよいよ刊行で~す 

◆◇◆━━━ ヴィレッジヴックスより ━━━◆◇◆

高貴なドラゴンを待ち受ける新たな使命、それは――

勇猛果敢にして心優しき竜テメレアは、固い絆で結ばれた担い手ローレンスのため、ふたたび英国へ戻り、対仏戦争の戦力とならんとする。しかし、孵化直前のドラゴンの卵を受け取るため、一刻も早くオスマン帝国へゆけという密命がくだる。オアシスをたどり、イスタンブールを目指すテメレア一行に、不穏な影が……宿敵ナポレオンの奸計が、漆黒の翼に忍び寄る!

 本サイト『東江一紀親衛隊ё

Posted by ё
ウォータースライドをのぼれ (創元推理文庫)ウォータースライドをのぼれ (創元推理文庫)
(2005/07/28)
ドン・ウィンズロウ東江 一紀

商品詳細を見る


『会心の訳文・第七回(執筆者・東江一紀)』と題して、東江師匠が「翻訳ミステリー大賞シンジケート」に投稿されております 

お、おもしろい ( ´艸`)プププ
原文はこんなだったんだあ~!
しかも宿題(練習問題)まで出てる 

 本サイト『東江一紀親衛隊ё

Posted by ё


※なぜか「Permalink」が機能しない。なので、トップページにリンクを貼りました(あとでまたチェックしてみよう)。

時は流れて――。

あ、直った 
「本サイト更新情報」  にはアップしておったんですが、告知が遅れましてすみましぇ~ん 
先週の日曜日、東江師匠が撮影された2009年11月の朝の風景写真を  本サイト『東江一紀親衛隊ё』の「写真集」にアップいたしました 

ёのお気に入りを何枚かお見せしちゃいますと、こんな感じ……

きれい~ yahho01.gif

20091219-2.jpg
20091219-3.jpg
20091219-4.jpg


Posted by ё
20091218.jpg奇蹟のキス (集英社文庫 フ 18-24)

きょうは、旦紀子さんの訳書のご紹介。
きのうご紹介した16日刊行の松井里弥さんの訳書と同じく、集英社さんからサンドラ・ブラウンのロマンスです 

◆◇◆━━━ 集英社より ━━━◆◇◆

障壁の多い中でこそ深まる、激しい愛に酔う
20世紀初頭のテキサス。ある事情から偽装結婚を強いられる北部の娘ローレンとカウボーイのジャレッド。雄大な自然の中、反目しあう二人に絆が生まれるものの、運命は残酷だった。壮大な感動作!

 本サイト『東江一紀親衛隊ё

Posted by ё
20091217.jpgスターライト・デスティニー (集英社文庫 フ 18-23)


きょうは、きのう刊行された松井里弥さんの新刊訳書のご紹介です。

◆◇◆━━━ 集英社より ━━━◆◇◆

ホリデー気分にピッタリのゴージャスな恋
映画の役作りにと、ハリウッドNo.1俳優のライランが同居に押し切ったのは、原作者キアスティンの瀟洒な家。彼女の心の闇に気づいたライランは、その理由を探り、衝撃的な真実を知るのだった!

 本サイト『東江一紀親衛隊ё

Posted by ё
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。