上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
銀色の運命が満ちるとき銀色の運命が満ちるとき
(2010/02/10)
ジャクリーン・フランク

商品詳細を見る


曽根原美保さんの新刊訳書が、あす刊行で~す 

◆◇◆━━━ 竹書房より ━━━◆◇◆

恐るべき力を持ちながら、人間たちにほとんどその存在を知られることのない夜の一族、デーモン。
祝祭の満月の夜、冷静沈着で最も尊敬されるデーモン、ギデオンは王の妹レーナに激しく心を奪われ、熱いキスを交わした。だが、彼女はまだ年若く、我に返ったギデオンは後悔とともに彼女を突き放す。以来9年間、傷ついたレーナは彼を避けるようになっていた。
自分の能力の成長が著しすぎることに不安を覚えつつも誰にも相談できずにいたレーナだったが、ある日、隠していた力を医師であるギデオンに見抜かれ、走査(スキャン)を受けることになる。
ところがその結果、700歳の年齢差がありながらも、ギデオンとレーナは<刻印>によって運命付けられた伴侶だと判明する。
過去のわだかまりから反発しながらも、本能的に惹かれあうふたり……。

大人気パラノーマル・ロマンス<ナイトウォーカー>シリーズ。

 本サイト『東江一紀親衛隊ё

Posted by ё
スポンサーサイト
銀の戦士と魔法の乙女(オーロラブックス)銀の戦士と魔法の乙女(オーロラブックス)
(2009/09/09)
ジェン・ホリング

商品詳細を見る


きょうは、来月9日発売の、曽根原美保さんの新刊をご紹介いたします 

◆ ◇ ◆ ━━━  アマゾンより  ━━━ ◆ ◇ ◆

北の魔法使い×癒しの乙女
ハイランドの三姉妹の愛の物語、いよいよグランドフィナーレ!

人々を癒してきた乙女は、心に傷を抱えた孤独な戦士と出会った。
しかし、魔法の力は、二人の未来に影を落として……。

マクドネル氏族長の末娘ローズは幼なじみとの結婚を控えていたが、父親の容態が急変する。
ローズは父を治癒しようと決意し婚礼を延期すると、「北の魔法使い」と呼ばれるウイリアム・マッケイをみずから迎えに向かった。
だが、卓越した治癒能力を持つウイリアムもまた魔女狩りの嵐が吹き荒れるなか、苦境にあった。
天賦の才を思うように人助けに活用できない苦しみを持つウイリアム。
その心の痛みをローズは瞬時に理解する。互いのなかに同じ思いを見出したふたりはいつしか恋に落ちて……。
死の床にいる父の病は? そして、ローズの前に次々現れる試練は乗り越えられるのか?
荒涼としたスコットランドの、深い愛の物語がグランドフィナーレ。
大好評『ハイランダーと魔法の乙女』 『黒の伯爵と魔法の乙女』 に続く熱きヒストリカル・ロマンス第3弾!


オーロラブックス編集部のブログによりますと、本書の表紙は、曽根原美保さんも加わって決定されたそうですよ
ただ今予約受付中ですよ~ん 

 本サイト『東江一紀親衛隊ё

Posted by ё
(竹書房文庫)ラズベリー 誘惑の月が満ちるとき(竹書房文庫)ラズベリー 誘惑の月が満ちるとき
(2009/08/10)
ジャクリーン・フランク

商品詳細を見る


8月に入りましたね!
きょうは、来週刊行の曽根原美保さんの訳書のご紹介です 

◆ ◇ ◆ ━━━  竹書房より  ━━━ ◆ ◇ ◆

満月の夜、何かが起きる……。
<ナイトウォーカー>シリーズ、ついに始動!

満月の夜、ブルックリンに住む堅物の司書イザベラは、5階にあるアパートのベランダから、ふと下の通りを歩く男性に目を奪われる。男性も気配に気づいて見上げ、言葉を交わしている最中、イザベラは体勢を崩して落ちてしまう。ところが、彼は地上3メートルの高さで彼女を受け止めた! 彼はいったい何者なの? イザベラは奇妙に感じながらも、ジェイコブというその美しい男性に、たまらなく惹かれていくのだった……。

 本サイト『東江一紀親衛隊ё

Posted by ё
偽りの婚約者に口づけを (ラズベリーブックス)偽りの婚約者に口づけを (ラズベリーブックス)
(2007/09/10)
エマ・ホリー

商品詳細を見る


 本サイト『東江一紀親衛隊ё』の訳書リストをアップいたしましたあ~
きょうは、先日新刊訳書『黒の伯爵と魔法の乙女』が刊行されたばかりの、曽根原美保さんでーす 

◆◇◆━━━ 竹書房より ━━━◆◇◆

教区牧師だった父を亡くし、天涯孤独となったフローレンスは、ある計画を胸にロンドンを訪れた。忠実な使用人リジーとともに暮らすことを許してくれる夫を見つけ、ささやかな生活を手に入れるのだ。一方、グレイストウ伯爵エドワードは、従僕との恋の噂が絶えない弟、フレディの花嫁を探していた。条件は“女”であること、弟の“男”との噂を知らないこと。田舎育ちのフローレンスはぴったりだ。だが、思惑通りに弟とフローレンスの婚約が決まっても、エドワードの心は晴れなかった。いつしか彼はフローレンスを想うようになっていたから――。そしてフローレンスの心にも、優しいフレディではなく、ぶっきらぼうなエドワードが忍び込んできて――。不器用な伯爵の熱い恋。

Posted by ё
20090408
黒の伯爵と魔法の乙女


きょうは、あす4月10日発売の曽根原美保さんの新刊訳書をご紹介です 

◆◇◆━━━ オーロラブックスより ━━━◆◇◆

話題のハイランダーシリーズ次女編!!
冷酷な伯爵に抗えなくて

16世紀末スコットランド。魔女狩りで母を失ったマクドネル氏族長の娘で、三姉妹の次女ジリアンは、姉の元婚約者キンクリーグ伯との婚姻を望んでいた。
前妻の死に関わっているという噂と冷酷な雰囲気はあれど、黒い髪と瞳を持つハンサムな伯爵に、ジリアンは初めて会ったときから強く魅かれていた。
そして、家族のなかでただひとり、何の魔法の力もない自分も、伯爵夫人になれれば居場所ができるのだ。女性を信用していない伯爵の気を、なんとかひこうとするジリアン。
だが同じ頃、彼女の身にも不思議なできごとが起こりはじめる。伯爵の前妻の死の謎は解き明かされるのか。
原因不明の病に臥せっている父、そして、ジリアンにもふりかかりだした危険なできごとは何を意味しているのか!?
ハイランダーと魔法の乙女』に続く、ジェン・ホリングの熱きヒストリカルロマンス第2弾!

ということで、本書はハイランダーシリーズの第2作め。第1作めの『ハイランダーと魔法の乙女』も、翻訳は曽根原さんです。
みなさま、シリーズ物はあたまから読みましょう  (←はい、すみません。自分に言っております 

ハイランダーと魔法の乙女 (オーロラブックス)ハイランダーと魔法の乙女 (オーロラブックス)
(2008/11/10)
ジェン ホリング

商品詳細を見る


Posted by ё
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。