上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新装版 なぜ選ぶたびに後悔するのか オプション過剰時代の賢い選択術新装版 なぜ選ぶたびに後悔するのか オプション過剰時代の賢い選択術
(2012/10/25)
バリー シュワルツ

商品詳細を見る


瑞穂のりこさんの訳書をご紹介いたします。

◆◇◆━━━ 武田ランダムハウスジャパンより ━━━◆◇◆

「あっちにしとけばよかった……」
選んでも選んでも迷い、後悔しているあなたへ。
選択肢が多すぎる世界で、満足して生きるためのヒントを!
自由と豊かさのストレスに悩む人々に指針を示す、社会心理学のロングセラー復刊。
選択肢がまったくない生活は耐えがたい。
だが、選択肢があればあるほど幸せとはかぎらない。
どうすれば、おびただしい数のオプションを前に立ち往生することなく、じょうずに選択していけるだろうか?

心理学、経済学、市場リサーチなど各分野の研究成果をもとに、商品や機会、情報があふれかえる世界で戸惑う人々に、常識を覆すわかりやすい指針を示した社会心理学の古典的名著。

いつも最高の結果を求める“マキシマイザー”、「ほどほど」でよしとする“サティスファイサー”。
ほんとうに幸せなのはどっち?

 本サイト『東江一紀親衛隊ё

Posted by ё
スポンサーサイト
米国はどこで道を誤ったか―資本主義の魂を取り戻すための戦い米国はどこで道を誤ったか―資本主義の魂を取り戻すための戦い
(2008/03)
ジョン・C. ボーグル

商品詳細を見る


東江師匠をはじめとする“翻訳家”のみなさんには関係のないことなのかもしれませんが(ご苦労さまです )、世の中はG・Wですねえ~。
わが社の社員さんの方々も大型連休をとっておりますが、おいらはしがない派遣……。カレンダーどおりに、出勤します 
おいらはどこで道を誤ったのか……。

……?

もとい、本日は、瑞穂のりこさんの訳書リストを 本サイト『東江一紀親衛隊ё』にアップいたしましたので、こちら  をご紹介です 

◆◇◆━━━ 東洋経済新報社より ━━━◆◇◆

☆概要
資本主義の代表国たる米国で、資本市場の行動規範と価値基準はなぜ失われたのか。それをどう取り戻すのか。インデックスファンドを広めた投資業界のカリスマが、問題の核心を描き出す。

〈目次〉
序章 資本主義と米国社会
第I部 株式会社アメリカ
 第1章 株式会社アメリカはどこでおかしくなったのか?
      ―「病的変異」
 第2章 株式会社アメリカはなぜおかしくなったのか?
      ―「権力者に見張りをつけろ」
 第3章 株式会社アメリカをオーナーの手に取り戻す
      ―「万国の株主よ、団結せよ!」
第II部 投資会社アメリカ
 第4章 投資会社アメリカはどこでおかしくなったのか?
      ―キングコングか、猿人ジョー・ヤングか
 第5章 投資会社アメリカはなぜおかしくなったのか?
      ―一時的な株価水準と長期的な本来価値
 第6章 どうすれば投資会社アメリカを修理できるか?
      ―「オーナー不在の資本主義は廃れる」
第III部 ミューチュアルファンド・アメリカ
 第7章 ミューチュアルファンド・アメリカはどこで間違ったのか?
      ―管理者から商売人へ
 第9章 ミューチュアルファンド・アメリカをいかに修理するか?
      ―「投資家のための組織、管理、運用」
第IV部 結論
 第10章 21世紀の米国資本主義
      ―「世界を一新する」

Posted by ё
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。