上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
紳士の黙約 (角川文庫)紳士の黙約 (角川文庫)
(2012/09/25)
ドン・ウィンズロウ

商品詳細を見る


中山宥さんの訳書をご紹介いたします。

◆◇◆━━━ 角川文庫より ━━━◆◇◆

“男たちの時間”交わされた密約。
ダイナーで撲殺された、人気サーファー。探偵ブーンが、殺人に潜む巨悪に迫る。

サンディエゴの探偵にして地元屈指のサーファー、ブーン・ダニエルズは、“紳士の時間”を海で楽しむサーフィン仲間から、妻の浮気調査の依頼を受ける。同じころ、爽やかな人柄で愛されるサーファーのK2が、ダイナーで殴り殺された。人気者の死に街中が悲しむなか、加害者の弁護士に雇われたブーンは調査を開始、真相は別にあると直感。そして危険過ぎる事件の内実が、カリフォルニアの太陽の下に晒される時が訪れる――。

 本サイト『東江一紀親衛隊ё

Posted by ё
スポンサーサイト
ジョブズ・ウェイ 世界を変えるリーダーシップジョブズ・ウェイ 世界を変えるリーダーシップ
(2011/08/03)
ジェイ・エリオット、ウィリアム・L・サイモン 他

商品詳細を見る


きょうは、中山宥さんの最新訳書をご紹介 

◆◇◆━━━ ソフトバンククリエイティブより ━━━◆◇◆

ジョブズの軌跡から学ぶ指導力の極意

ジョブズはいかにしてアップルをNo.1企業へ導いたのか? 彼の仕事ぶりを間近でつぶさに見てきた著者が、その秘密を初めて明かします。ビジョンの共有、モチベーションの高め方など、あらゆるビジネスマンが参考にできるリーダーシップの極意が学べます。
「Macは世界を変える。僕はそう信じているし、同じ信念を持つ人をチームのメンバーに選んだんだ」
製品に対する燃えるような情熱が、アップル社内全体に伝わり、受付係からエンジニア、取締役にいたるまで、あらゆる人々を感化する。
Macの成功後、手痛い失敗をいくつか犯し、辛酸をなめることもあった。
その苦労を糧とし、さらに研ぎ澄まされたリーダーシップを発揮して、洗練され高性能な製品を次々と世に送り出していく。
いま世界がジョブズに寄り添い始め……そしてジョブズは世界を変えていく。

iMac、iPod、iPhone、iPad、iCloud、次々と画期的な製品を送り出すスティーブ・ジョブズ。
本書は、ジョブズが持つ類まれなる指導者としての資質を余すところなく紹介する1冊です。
ジョブズを間近で見つめてきた著者と同じように、その創造力と指導力を学ぶことができます。

・起業家精神に満ちたリーダーは、たえず将来を見すえ、次のチャンスを探している。
・最もだいじなのは、部下のアイデアが埋もれずに陽の目を見るように、可能性を高めてやることだ。
・リーダーがどれだけ深く製品に入れ込んでいるかを見せつければ、部下たちも、いまやっている仕事に深い愛着を持つ。

※目次は「続きを読む」  をクリックしてね 


[ジョブズ・ウェイ 世界を変えるリーダーシップ]の続きを読む
夜明けのパトロール夜明けのパトロール
(2011/07/23)
ドン・ウィンズロウ

商品詳細を見る


本日は、中山宥さんの最新訳書のご紹介です 

◆◇◆━━━ 角川文庫より ━━━◆◇◆

「このミス」1位作家ウィンズロウが放つ、サーファー探偵シリーズ第一弾!

サンディエゴの探偵ブーン・ダニエルズ。仕事よりも仲間との夜明けのサーフィンをこよなく愛する彼だが、裁判での証言を前に失踪したストリッパーを捜すことに。しかし彼女は死体で発見され、ブーンにも危険が迫る。

 本サイト『東江一紀親衛隊ё

Posted by ё
トルネード キャズムを越え、「超成長」を手に入れるマーケティング戦略トルネード キャズムを越え、「超成長」を手に入れるマーケティング戦略
(2011/02/26)
ジェフリー・ムーア

商品詳細を見る


きょうは、中山宥さんの最新訳書のご紹介です 

◆◇◆━━━ 海と月社より ━━━◆◇◆

『ビジネスウィーク』『ニューヨーク・タイムズ』ベストセラー
いまや「常識」となったジェフリー・ムーアの理論を詳細に解説。
「超成長マーケットという巨額の富が動く世界の正体」、「ビジネス戦略への影響」を分析しつつ、市場でシェアを獲得し、マージンを増やすための効果的方策を提示する。

●さらに強力なマーケットを開拓するには、どんな手段が最適か?
●成長を活かし、引き続き維持するのに、最も効果的な方法は?
●マーケットが落ち着いたとき、その変化にどう対応すれば生き延びられるか?

めまぐるしく、しかし莫大な利益の可能性を秘めたマーケットと正しく向き合うために必要な知識と材料を与えてくれる導きの書。

……・・・……☆……・・・……目次……・・・……☆……・・・……

第一部 市場を知りつくして、「超成長」を遂げるとき
 第1章 トルネードとは何か
 第2章 キャズム―飛翔の前の試練を越える
 第3章 ボウリング・レーン―「ニッチ」で連鎖反応を
 第4章 トルネード―ひたすら売って勝利せよ
 第5章 メイン・ストリート―「勝者の壁」を攻略する
 第6章 自分の立ち位置を正確につかむために

第二部 最強の戦略を練り上げ、夢を現実にする 
 第7章 戦略的パートナーシップの意義と問題点
 第8章 優位に立つための必須条件
 第9章 間違いだらけのポジショニング
 第10章 実行のための社内体制強化法

 本サイト『東江一紀親衛隊ё

Posted by ё
バイラル・ループ あっという間の急成長にはワケがあるバイラル・ループ あっという間の急成長にはワケがある
(2010/09/24)
アダム・ペネンバーグ

商品詳細を見る


きょうは、中山宥さんの最新訳書のご紹介です 

◆◇◆━━━ 講談社より ━━━◆◇◆

発売前からネットで話題騒然、待望の邦訳刊行!

ツイッターが大流行した理由は? オバマ大統領当選の秘密は? Web3.0時代を制する「感染の連鎖(バイラル・ループ)」の謎を解き明かす!
「ソーシャルメディアが社会を覆い尽くしたいま、“バイラル・ループ”抜きではビジネスは語れない」

 本サイト『東江一紀親衛隊ё

Posted by ё
究極のセールスマシン究極のセールスマシン
(2010/04/22)
チェット・ホームズChet Holms

商品詳細を見る


ご、ご、ごめんなさいっ 
中山宥さんの訳書『究極のセールスマシン』が、先月の22日に刊行になっておりました 

◆◇◆━━━ 海と月社より ━━━◆◇◆


全米ベストセラー、待望の邦訳!
「業績向上の最高権威」と呼ばれる伝説のコンサルタントが解き明かす、市場支配のための12の戦略

時間管理術、会議、人材採用、セールス、マーケティング……。
企業の隅々にまで大きな変革をもたらし、企業を、常に利益を上げ続ける「究極のセールスマシン」へと生まれ変らせる1冊。

【数多くのビジネスエキスパートが本書を絶賛】
CEOを務める日々の中で、チェット・ホームズのような本当に才能あふれる人物と仕事ができる機会はめったにない。彼の指導のおかげで、わが社は飛躍的に売り上げを伸ばすことができた。
チェットのやり方は、単純ながらも効果が高い。
本書は史上最高のビジネス書といっていい。
私は、さまざまな組織やCEOのアドバイザーを務めているが、いつもチェットの教えを土台に用いる。
ミラ・ラッソ(タイムズリップ社創業者、元CEO)

「本書には経営方法を大きく変革するパワーがみなぎっている」スティーブン・コヴィー(『7つの習慣』著者)

チェット・ホームズは、マーケティング、セールス、ビジネスを成功へ導く、世界でも屈指の指南役だ。
この出色の一冊を読めば、あなたの会社の隅々にまで成果が満ちあふれるだろう。ブライアン・トレーシー(『ゴール』著者)

本書に目を通せば、どんな市場分野でも、業績を上げ、大幅に利益を増やすことができ、すぐれたかたちで黒字体質を確立できるにちがいない。
ビジネスで富と名声を手に入れたいなら必読だ。ジェイ・エイブラハム(『ハイパワー・マーケティング』著者)

この本には、はったりもなければ、小難しい理論もない。
信用できるシンプルなアドバイスのおかげで、あなたのビジネスはかつてなく盤石になるはずだ。トム・ホプキンズ(『営業の魔術』著者)

一流の人材をいかにして数多く引き入れ、以後いかにして存分に活用すべきか?
チェットはその最高のノウハウを知っている。ハーブ・エッカー(『ミリオネア・マインド』著者)

今まで読んだ膨大な量のビジネス書の中で、圧倒的なナンバーワン。
15社以上を経営し、600人を超す従業員を雇う身として、心からこう断言できる。私は今後何十年も、本書を引き合いに出して語るだろう、と。A・ハリソン・バーンズ(ジュリスケープ社CEO)

「目次」は「続きを読む」をクリックしてね 

[究極のセールスマシン]の続きを読む
新興国発 超優良企業新興国発 超優良企業
(2008/10/07)
ハルロド・L・サーキンジェームズ・W・ヘマリング

商品詳細を見る


きょうは中山宥さんの訳書リストを 本サイト『東江一紀親衛隊ё』にアップいたしました 
ということで、最新訳書のご紹介です♪

◆◇◆━━━ 講談社より ━━━◆◇◆

「未来のトヨタ」「ネクストGoogle」は新興国で生まれている!!
グローバル・チャレンジャー 新興国の超優良企業100社リストつき

エンジニアリングサービス世界一(インド)、インスタント麺・製粉生産世界一(インドネシア)、セメント生産世界一(メキシコ)、液化天然ガス輸送世界一(マレーシア)、近距離用ジェット機生産世界一(ブラジル)、ニッケル生産世界一(ロシア)、小型モーター生産世界一(中国)……
「世界ナンバーワン企業」が、新興国で続々と生まれている現実!

Posted by ё
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。