上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
運命は花嫁をさらう (テレサ・マデイラス)運命は花嫁をさらう (テレサ・マデイラス)
(2012/03/21)
テレサ・マデイラス

商品詳細を見る


きょうは、布施由紀子さんの最新訳書のご紹介です 

◆◇◆━━━ 二見書房より ━━━◆◇◆

非情なまでに美しき首領と
その人質となった無垢な乙女――
愛する家族のため、老伯爵に嫁ぐ決心をしたエマ。
だが婚礼の日、敵方の氏族に連れ去られ……

人気作家が描くハイランドの大地

誓いの言葉を口にしようとしたそのとき、聖堂の扉が荒々しく開かれた――。貧しい準男爵の娘エマは困窮した家を救うため、スコットランドの裕福な老伯爵ヘップバーンに嫁ぐことになるが、その婚礼のさなか、美貌の黒髪の男が乱入する。伯爵に敵対するシンクレア氏族長の孫ジェイミーだった。彼は花嫁の身柄と引き換えにある要求を突きつけ、エマを連れ去ってしまう。その道すがら、反発しながらもお互いを知るうち、どうしようもなく惹かれ合うようになり……雄大なハイランド地方を巡る愛の物語

 本サイト『東江一紀親衛隊ё

Posted by ё
スポンサーサイト
骨とともに葬られ 上骨とともに葬られ 上
(2011/12/22)
ジェニファー・リー・キャレル

商品詳細を見る

骨とともに葬られ 下骨とともに葬られ 下
(2011/12/22)
ジェニファー・リー・キャレル

商品詳細を見る


3連休ですね~。寒いですね~。
きょうは、きのう刊行の布施由紀子さんの最新訳書『骨とともに葬られ』上下巻のご紹介です 

◆◇◆━━━ 角川文庫より ━━━◆◇◆

上巻
失われた戯曲を巡って、今、時を超えた争奪戦が始まる!
実在すれば数億の価値?! 消えた初版本を追え!

『ハムレット』稽古中の舞台監督ケイトのもとに、恩師であるロズが現れる。重要なものを見つけたのでケイトの力が必要だと小さな箱を託していったロズだったが、その夜死体で発見される。箱の中には、シェイクスピア戯曲集の初版本についてのメモが入っていた。オークションに出せば何億もの値がつくといわれる世界で最も貴重な書物をめぐり、今、時を超えた争奪戦が始まる! 謎とトリビア満載、エンターテインメント巨編!

下巻
シェイクスピアは誰だったのか? ノンストップ・エンタメ巨編!
数珠繋ぎの謎が導く衝撃の真実とは?

たった2回上演されただけで、歴史から忽然と姿を消した戯曲『カーディニオー』。計り知れない価値を持つ戯曲の手掛かりを追うケイトは、命の危険に晒されながら、驚愕の事実にたどりつく。シェイクスピアとは現在知られている人間ではなく、全く別の人物だったというのだ。シェイクスピア作品の真の作者の正体とは? 歴史を覆す驚きと興奮、刺激に満ちあふれたノン・ストップ歴史ミステリついに文庫化! 解説・河合祥一郎

 『東江一紀親衛隊ё

Posted by ё
夜明けまであなたのもの(二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)夜明けまであなたのもの(二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)
(2010/05/20)
テレサ・マデイラス

商品詳細を見る


きょうは、布施由紀子さんの最新訳書のご紹介です 

◆◇◆━━━ 二見書房より ━━━◆◇◆

この想いを告げられる日は来なくても――
戦争で失明した放蕩伯爵と
そこに突如現われた謎の美人看護師。
せつなく心あたたまるロマンスの行方は……?
埋もれた正統派ヒストリカルロマンスの名作!

戦争で失明し、最愛の婚約者にも去られた伯爵ゲイブリエルは、田舎で失意の日々を送っていた。そんなある日、サマンサと名乗る女性が、ゲイブリエル付き看護師の募集を見て屋敷を訪れる。心を閉ざし、傍若無人な態度でサマンサを拒絶しながらも、いつしかその真摯な愛情に癒されてゆくゲイブリエル。だが幸運にも視力が回復しはじめたとき、サマンサは忽然と姿を消してしまう。必死の捜索もむなしく、手がかりは杳としてつかめない。彼女はいったい誰なのか……?
――ひたむきな愛が胸を打つ感動作!

 本サイト『東江一紀親衛隊ё

Posted by ё
核時計零時1分前―キューバ危機13日間のカウントダウン核時計零時1分前―キューバ危機13日間のカウントダウン
(2010/01/30)
マイケル ドブズ

商品詳細を見る


本日は、布施由紀子さんの新刊訳書のご紹介です 

◆◇◆━━━ NHK出版より ━━━◆◇◆

世界を震撼させた
20世紀最大のドラマが、いま甦る!

「人類史上もっとも危険であった」歴史的事件、キューバ危機。翻弄される政治家、軍人たちの苦悶、虎視眈々と時機を待つ革命家。分刻みで急転する事態を制御しえたのは、いったい誰だったのか……? 新たに発見された未公開資料や当事者へのインタビューから紡ぎだされる、息をもつかせぬノンストップ・ドキュメンタリー。

 本サイト『東江一紀親衛隊ё

Posted by ё

もうお馴染みとなった『翻訳ミステリー大賞シンジケート』
先日、布施由紀子さんが「布施由紀子のイチ押し本」を投稿なさっておりました 

布施さんご自身の「イチ押し本」はこちら 


シェイクスピア・シークレット 上シェイクスピア・シークレット 上
(2009/05/29)
ジェニファー・リー・キャレル

商品詳細を見る
シェイクスピア・シークレット 下シェイクスピア・シークレット 下
(2009/05/29)
ジェニファー・リー・キャレル

商品詳細を見る



友人にシェークスピア大好きっ子がいて、感化されたか、いつしか「シェークスピア」と聞くと耳がぴくんと動くようになったё。
本書も、刊行されたとき、概要を読んで「読みた~い!」と思ったのに、いまだ未読 
「布施由紀子のイチ押し本」を読んで、ますます読みたくなった……onegai03t.gif
だれか時間をくれ  (←自分でつくれ 

◆◇◆━━━ 角川書店より ━━━◆◇◆

《上巻》
「ハムレット」稽古中の舞台監督ケイトの元に、三年前に決別した恩師でシェイクスピア学者のロズが訪れる。重要なものを発見したから、ケイトの助けを借りたいという。しかしその晩ロズは死体となって発見された。

《下巻》
ケイトはシェイクスピア作品に暗号として隠されたメッセージをパズルのように読み解き、次々と現れる数珠つながりの謎を追う。文学史上、燦然と輝く偉大な戯曲家の謎に迫る、一大歴史エンタテインメント!

 本サイト『東江一紀親衛隊ё

Posted by ё
シェイクスピア・シークレット 上シェイクスピア・シークレット 上
(2009/05/29)
ジェニファー・リー・キャレル

商品詳細を見る

シェイクスピア・シークレット 下シェイクスピア・シークレット 下
(2009/05/29)
ジェニファー・リー・キャレル

商品詳細を見る


 ただいま予約受付中 

29日発売の、布施由紀子さんの訳書『シェークスピア・シークレット』巻をご紹介いたしま~す 


◆◇◆━━━ 角川グループパブリッシングより ━━━◆◇◆

〈上巻〉
「ハムレット」稽古中の舞台監督ケイトの元に、三年前に決別した恩師でシェイクスピア学者のロズが訪れる。重要なものを発見したから、ケイトの助けを借りたいという。しかしその晩ロズは死体となって発見された。

〈下巻〉
ケイトはシェイクスピア作品に暗号として隠されたメッセージをパズルのように読み解き、次々と現れる数珠つながりの謎を追う。文学史上、燦然と輝く偉大な戯曲家の謎に迫る、一大歴史エンタテインメント!


 本サイト『東江一紀親衛隊ё

Posted by ё
記憶の国の王女記憶の国の王女
(2002/12)
ロデリック タウンリー

商品詳細を見る


これ、とっても大好き 

おっと、失礼 
きょうは、布施由紀子さんの訳書リストを 本サイト『東江一紀親衛隊ё』にアップいたしましたあ~ 

いやあ、先走ってしまった 
去年? 一昨年?? もっと前だったかなあ~??? 健忘症ё、いつ読んだのかはっきりと思い出せませんが 、この『記憶の国の王女』がとってもおもしろかったことはしっかり覚えております  お気に入りなんです
みなさんもぜひぜひ、ご一読を 

◆◇◆━━━ アマゾンより ━━━◆◇◆

読まれなくなった物語の主人公シルヴィは、やけになって掟破りの行動にでる。久しぶりに本を開いてくれた読者を、さし絵のなかから見上げてしまったのだ。「本が開くぞー」というかけ声で幕を開ける摩訶不思議な物語。


まだアマゾンではヒットしませんが、来月26日、布施由紀子さんの訳書『シェイクスピア・シークレット』巻が早川書店から刊行されるようです 
シェークスピア好きの友人にまた教えてあげなくっちゃ 
あ、“また”というのは、以前吉澤康子さんの訳書『シェイクスピアと大英帝国の幕開け (クロノス選書)』が刊行されたときにも、お知らせメール  をしたんです。
くっくっく……yahho01.gif

Posted by ё
黒き影に抱かれて (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション) (二見文庫 キ 7-1 ザ・ミステリ・コレクション)黒き影に抱かれて (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション) (二見文庫 キ 7-1 ザ・ミステリ・コレクション)
(2008/11/20)
ローラ・キンセイル

商品詳細を見る


またまたロマンスの新刊です 
きょうご紹介するのは2日前に刊行された布施由紀子さんの訳書で、RITA賞(長編ヒストリカル部門)受賞作品 

内容は――
14世紀イタリア。内乱下のモンテヴェルデ共和国から、大公家最後の生き残りである一人の少女が、密かにイングランドへと逃げのびた。
それから十数年――美しく成長した少女エレナはさまざまな思惑のもと、祖国で力をふるうリアータ家へと嫁がされる。だが航路イタリアへと向かう先に待ち伏せていたのは、“カラス”の異名をもつ海賊アレグレートだった。冷酷で美しく、謎めいた影を持つ男。が、やがてエレナは驚くべき彼の計画を知ることになる……。
華麗な筆致で綴られる、圧巻のヒストリカルロマンス!――二見書房より

だそうで、著者紹介で「ローラ・キンセイル本邦初登場!」とあるので、邦訳が出るのはこれが初めてなんですね! 
作家デビューが1986年ということですから、新作のみならず過去の傑作も含めて、これからどんどん邦訳が刊行されるのでしょうか?
本国では実力派作家として人気があるようですから、楽しみですね~
日本での活躍も期待しちゃいましょう 

 本サイト『東江一紀親衛隊ё』

Posted by ё
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。