上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
黒き影に抱かれて (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション) (二見文庫 キ 7-1 ザ・ミステリ・コレクション)黒き影に抱かれて (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション) (二見文庫 キ 7-1 ザ・ミステリ・コレクション)
(2008/11/20)
ローラ・キンセイル

商品詳細を見る


またまたロマンスの新刊です 
きょうご紹介するのは2日前に刊行された布施由紀子さんの訳書で、RITA賞(長編ヒストリカル部門)受賞作品 

内容は――
14世紀イタリア。内乱下のモンテヴェルデ共和国から、大公家最後の生き残りである一人の少女が、密かにイングランドへと逃げのびた。
それから十数年――美しく成長した少女エレナはさまざまな思惑のもと、祖国で力をふるうリアータ家へと嫁がされる。だが航路イタリアへと向かう先に待ち伏せていたのは、“カラス”の異名をもつ海賊アレグレートだった。冷酷で美しく、謎めいた影を持つ男。が、やがてエレナは驚くべき彼の計画を知ることになる……。
華麗な筆致で綴られる、圧巻のヒストリカルロマンス!――二見書房より

だそうで、著者紹介で「ローラ・キンセイル本邦初登場!」とあるので、邦訳が出るのはこれが初めてなんですね! 
作家デビューが1986年ということですから、新作のみならず過去の傑作も含めて、これからどんどん邦訳が刊行されるのでしょうか?
本国では実力派作家として人気があるようですから、楽しみですね~
日本での活躍も期待しちゃいましょう 

 本サイト『東江一紀親衛隊ё』

Posted by ё
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。