上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
贋作王ダリ―シュールでスキャンダラスな天才画家の真実贋作王ダリ―シュールでスキャンダラスな天才画家の真実
(2008/09)
スタン・ラウリセンス

商品詳細を見る


まだ読んで(購入して)いないので、どんな本なのだろうとネット上を徘徊しておりましたら、アスペクトの「海外翻訳」というページの中で《Weeklyアクセスランキング》なるものを発見いたしました。
なんと、きょうご紹介しようと思っていた本書が、堂々の第1位に輝いているではありませんか 
(ちょっと下の方にありますので、スクロールしてくださいね)

でもこれはWeekly(2008/09/27 ~ 2008/10/03)ということなので、明日以降アスペクトを訪れたかた、順位に変動があっても、わたしを「うそつき」呼ばわりしないでくださいね 

美的センス0のわたくし、絵画もさっぱりですが、「贋作」という言葉に妙にひかれます 

☆゜.*:.。..。.:*.゜☆゜.*:.。. .。.:*.゜☆゜.*:.。..。.:*.゜☆

ダリ専門美術商兼詐欺師だった著者が明かす、画家サルバドール・ダリの波乱万丈の生涯。欲望と狂気とスキャンダル渦巻く美術界を描いた驚愕のノンフィクション。

第1部
マックダリ―フランチャイズ計画(人生最初の教訓;ビギナーズ・ラック;売れる理由ほか)

第2部
ドル亡者―詐欺師ダリ(ダリ本人との出会い;シュールレアリスムの夜;ダリのひげの秘密ほか)

第3部
セニョール・ダリ―ダリだけが売れる(逃亡生活の終わり;人生はハリウッド映画;最悪の事態ほか)

 本サイト『東江一紀親衛隊ё』



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。