上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
犬の力 上犬の力 上
(2009/08/25)
ドン・ウィンズロウ

商品詳細を見る
犬の力 下犬の力 下
(2009/08/25)
ドン・ウィンズロウ

商品詳細を見る


 みなさまあ~、お盆ですよー 

 みなさまあ~~、東江師匠の新刊『犬の力』が、いよいよ今月25日、発売ですよーー 
ただいま好評予約受付中ですよ~ん 


わたくし 、待っていたんです、これ  yahho01.gif
本書はですね、訳していらっしゃるときに「『犬の力』、残り○○ページとなりました」などと、まるで実況生中継のうように、師匠が状況をお知らせ(?)くださったり、 自身がドン・ウィンズロウ(+ )好きなので、とっても待ち遠しかったんですう~ 

原書『The Power of the Dog』もがんばって読んでみました  ( がんばらないと読めないやつ 
「出版前」を目標に、7月1日から読み始めて、やっときのう読了 
1冊読むのに1ヶ月半もかかっているけれど、これでも()目標をクリアできたので、本人はとても喜んでおりますのよん  わーい、わーい。

まあ、英語がわからないので、師匠の訳書を読み始めたら「あれ、こんな話だったっけ……」とは、どうせなるんですけどね。あはは……。

師匠が以前、「辞書を使わずに読みなさい」とおっしゃったので、「不可能 」と思いつつも、今回は「がむばったぞー」  なので、いつにも増して、内容が理解できていない可能性なのだ……

そんなことはどうでもいいから、さっさと内容を紹介しろってか 


◆ ◇ ◆ ━━━  角川文庫より  ━━━ ◆ ◇ ◆

血みどろの麻薬戦争に巻き込まれた、DEAのエージェント、ドラッグの密売人、コールガール、殺し屋、そして司祭。戦火は南米のジャングルからカリフォルニアとメキシコの国境へと達し、苛烈な地獄絵図を描く――。


うーーーん。なだか物足りないぞ  でも、手元に現物もない。
ってことで、角川さんの携帯サイトにこんなページがあったので……
どうぞ  上巻 と 下巻

 本サイト『東江一紀親衛隊ё

Posted by ё
スポンサーサイト


今年も「ユニ・カレッジ年末恒例の無礼講」、いわゆる「忘年会」が本の町  、神田は神保町で開かれました 

じつはわたくし、その日は会社の(部の)忘年会で、その前の週にあった会社の(本社および全支社合同のホテルでの)忘年会もけっていたので、ぎりぎりまで出欠を悩んでおりました。
まあ、悩んでいたのはほかにも「(盛大な)忘年会って、苦手なのよねえ~」ということもありましたが……

でも、クラスメイトの温かいお誘いの言葉もあり、会社の忘年会ではわが師匠に会えないということで(当たり前ぢゃ)、部で一番下っ端のくせに、立て続けに欠席宣言 
しかーし  
 の選択は正しかった 

東江師匠忘年会に出席されるのかどうかわからなかったのですが、行ってみたら、ちゃんといらっしゃいました  
師匠にお会いできただけでなく、ユニ・カレッジ講師陣も勢揃いで、『翻訳の基本―原文どおりに日本語に』でお世話になった(?)宮脇孝雄先生をはじめて生で拝むことができ、約2年ぶりぐらいでしょうか、柿沼瑛子先生ともお話をすることができましたし、師匠にひっついていたら、加藤洋子先生にはなんと名刺をいただいてしまいました 

、一応自分名刺を持っていたのですが、それは「友達用」に作成したもので、とても加藤先生にお渡しできるようなものではなかったので「見せるだけですよ!」とお見せしました。
すかさず師匠が「見せるだけですか?」と突っ込む 
うん、見せるだけ~ (次回名刺を作るときは“ふつ~う”のにしておこうっと……)

とまあ、クラスメイトにも無事会えましたし、師匠のお弟子さんたちのお顔もちらほらとお見かけし、ほんわか気分で、ユニ・カレッジ校長おすすめの「料理とデザート」をつまみに3杯ほど(だったかな?)  ひっかけました 

それからね、それからね、こんなこともあったんですよー 
[ユニ・カレッジ年末恒例]の続きを読む
 本サイト『東江一紀親衛隊ё』の雑文箱更新情報ですよ~ん 

今回は「ほのぼの・しみじみ・うふふ通信」ではなく、日本推理作家協会会報の2007年11月号に掲載された、師匠エッセイ「隅から隅まで、ずず、ずいーっと」を(ちょっと前に ) アップいたしました

これ、日本推理作家協会が「リレー・エッセイ」と題して、著名な作家さんたちのエッセイをリレー形式でサイトに掲載しているのですが、作家さんだけではないようですね 
だってわれらが東江師匠翻訳家さんですから~ 

トップバッターは北方謙三氏で、そのあと大沢在昌氏、北村薫氏、宮部みゆき氏……とまあ、名だたる面々が顔をそろえております。すごいですなあ~!
そういうところに師匠と仰ぐおかたのお名前を発見できる  は幸せもんぢゃ~

Posted by ё


本日の収穫 


昭和62年発行の師匠の訳書『最後に笑った男』を読了し、4日前に
読み始めた 師匠の最新訳書『ガーゴイル 転生する炎の愛』
CIMG0979.jpg
        4日前の収穫 

そして、早々といただいてしまった  クリスマスプレゼント
CIMG0984.jpg
ありがとう、K 
と書いて、思った。そういえば、まだKにサイトのURL、教えてなかったような……
わたしの黒い騎士 [ラズベリーブックス] (ラズベリーブックス カ 1-1)わたしの黒い騎士 [ラズベリーブックス] (ラズベリーブックス カ 1-1)
(2007/10/10)
リン・カーランド

商品詳細を見る


こんばんにゃあ~
きょうは旦紀子さんの訳書リスト( 本サイト『東江一紀親衛隊ё』)完成のお知らせです 
毎度、告知が遅くてすみません 

…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・…・

さて! 最新訳書の『いにしえの婚約指南』は先日ご紹介いたしまので、今度はこっち 

え? なんでこれを選んだのかって?
えっと、それはですねえ~、背中に、し、視線を感じるからです 

PCに向かっていると、うしろに置いてある本棚の中から無数の目に見つめられている気がするんです……
「はやくわたしを読んでよーっ」という声も、聞こえてくる……気がする

読みたくて買うのですが、この「読みたい」という本が多すぎて、スローリーダーの  は追いつけず、“次に読む本”がどんどん増え続けているんです。
「わたしの黒い騎士」も、発売間もなく購入したはずだから、かれこれ1年っすかあー

もっと言ってしまえば、一昨年、クリスマスプレゼントとして自分でリクエストした『DEATH NOTE デスノート』(全12巻)もまだ読めていない。漫画なのに…… 
“字(とくに漢字)”が少ないから、ちゃちゃあ~って読めるはずなのに 

こんな状況なのに、今年のクリスマスプレゼントにはどの本を買ってもらおうかと思案中 
旦姐さん* の「訳書リスト」アップの記事に書いたのも何かのご縁。『いにしえの婚約指南』は入れておこう 

* 旦紀子さんは決して“その筋”のおかたではありません!
東江師匠の授業を聴講しに初めてユニ・カレッジに行ったとき、ビルの看板に「澤田組」とあって、ちょっぴり怯みましたが、「東江組」は存在しません。「東江教室」です 
 が勝手に旦さんのことを「姐さん」と呼んでいるのですが、それは「姐御肌」という意味ですからね


Posted by ё
ガーゴイル 転生する炎の愛ガーゴイル 転生する炎の愛
(2008/10/18)
アンドリュー・デイビッドソン

商品詳細を見る


まず最初に、「東江師匠! 申し訳ございませんっ!!」
2週間も前にメール(ML)が届いていたのに、あんぽんたんёはそれを読んでいながら、「ガーゴイル」が師匠の訳と気づかず、ご紹介がこんなに遅くなってしまいました。
たった今、メールの整理をしていて気がついたしだいです……。師匠、ごめんなさい 

ということで、発売からずいぶん経ってしまいましたが気を取り直して、いくわよ~

「大型新人が放つ、衝撃の転生小説。700年の時をこえて愛し合う男と女の過酷な運命。その驚くべき結末は? 全世界でベストセラー」――アマゾンより

ふむふむ、大型新人さんなんですね! 期待しちゃいましょう 

徳間書店さんでは――
「現世を享楽的に生きる男が、ある日自動車事故に遭い、重度の火傷に絶望し死を決意したが、そこに中世ドイツで彼と恋人同士だったと称する女が現れる。彼女、マリアーネ・エンゲルは男の快復に力を貸しながら、日ごと夜ごとに語る。異なる時代、異なる国に生まれ変わっては繰り返される男と女の壮絶な愛の物語を――。
愛し合いながらも過酷な運命に引き裂かれる男と女は、数百年先の幸せを信じて別れる宿命を受け入れる」

ほほおー   おもしろそうですねえ。
わたくし、「ロマンス」という柄ではないので、翻訳の勉強をするまでロマンスは読んだことがなかったんです。今も、好きでロマンスを読んでいるのではなく、東江一門のみなさまの訳文を読みたくて読んでいるのですが、この「ガーゴイル」は、ちょっとふつうのロマンスとは様子がちがうようですね(って、ジャンル的にはロマンスじゃなかったりして)。
「転生」「現世」「生まれ変わって」など、興味をそそられる言葉がある 
はい、 、そういうのけっこう好きなんです   

「異なる時代、異なる国に生まれ変わっては繰り返される男と女の壮絶な愛の物語」という文句に惹かれます
本屋さん、行ってこようっと  

 本サイト『東江一紀親衛隊ё』


今回、本を3冊持参いたしました。
3冊とも東江師匠の訳書  で、『裏切りのゲーム』『最後に笑った男〈上〉〈下〉』です。

 「行きはよいよい」で、おうちを出てからイスタンブール到着まで順調に読み進め、『裏切りのゲーム』を数十ページ残した程度だったのですが、現地に着いてからは本を読んでいる時間がなく、帰りは疲れ果てて、機内では寝ているか食べているかのどちらか……
結局、、『裏切りのゲーム』を読了するのが精一杯で、『最後に笑った男〈上〉〈下〉』は今読んでいます 

ところでこのカフェラテ、飛行機を乗り換えたシャル・ル・ドゴール空港で買ったんですが、なんと€4.10   その場で淹れてくれたコーヒーならいざ知らず、た、高いよっ  
でも飲みたかったから買っちゃったんですけど……。お味はごくふつうで、せいぜい€2というところか。

さて、きょうは、行きの機内食をアップしてみましょう!

CIMG0649.jpg


こちら  は一食めのランチ。3か国語で書かれたメニューを持ち帰ったので……

ランチ.*:..。♡*゜¨゜゜.*:..。♡*゜¨゜゜.*:..。♡*゜¨゜.*:..。♡*゜¨゜
 鱒の燻製、いかのマリネ
 パスタサラダ

 メインコースのチョイス
 カントリー風牛肉のソテー、ペンネパスタ、グリーンピース
 ―または―
 舌平目の雲丹ソース添え
 貝柱、椎茸、ご飯

 チーズ
 レモンケーキ
 コーヒー、紅茶

Lunch.*:..。♡*゜¨゜゜.*:..。♡*゜¨゜゜.*:..。♡*゜¨゜.*:..。♡*゜¨゜
 Smoked trout and marinated squid accompanied by pasta salad

 Choice of main course
 Country-style beef sauté with penne pasta and peas
 -or-
 Sole with sea urchin sauce accompanied by scallops, steamed rice and shiitake mushrooms

 Cheese
 Lemon cake
 Coffee and tea

Déjeuner.*:..。♡*゜¨゜゜.*:..。♡*゜¨゜゜.*:..。♡*゜¨゜.*:..。♡*゜¨゜
 Truite fumée et seiche marinée, proposées avec une salade de pâtes

 Choix de plats chauds
 Sauté de boeuf* fermière, pâtes penne et petits pois
 -ou-
 Sole sauce à l'oursin, noix de Saint-Jacques,
 riz vapeur, campignons shiitake

 Fromage
 Gâteau au citron
 Café et thé

そして二食めがディナー 

CIMG0662.jpg


ディナー.*:..。♡*゜¨゜゜.*:..。♡*゜¨゜゜.*:..。♡*゜¨゜.*:..。♡*゜¨゜
 フレッシュサラダ
 チキンテリーヌ
 ハム、ポテトサラダ

 チーズ
 フルーツサラダ
 コーヒー、紅茶

Dinner.*:..。♡*゜¨゜゜.*:..。♡*゜¨゜゜.*:..。♡*゜¨゜.*:..。♡*゜¨゜
 Fresh seasonal salad
 Chicken terrine accompanied by boiled ham
 and potato salad
 
 Cheese
 Fruit salad
 Coffee and tea

Dîner.*:..。♡*゜¨゜゜.*:..。♡*゜¨゜゜.*:..。♡*゜¨゜.*:..。♡*゜¨゜
 Salade fraîcheur
 Terrine de poulet, salade de pommes de terre,
 jambon blanc

 Fromage
 Salade de fruits
 Café et thé

そして、シャル・ル・ドゴールからアタチュルクまでの間にもう1食いただきました。

CIMG0683.jpg


って、食べ過ぎだろ! しかも ё は毎回パンを2個いただき、かつ、ランチとディナーの合間に、セルフサービスでいただけるカップラーメン  とサンドイッチ  も食べている。怪物なみの胃袋です 

今回はじめてフランス航空を使ったのですが、コップ  がかわいかったです 
お味は、まあ機内食ですから、こんなもんでしょう(^^;;;

CIMG0653.jpg


本サイト『東江一紀親衛隊ё』

♡♥*:;;;;;:*♡♥*:;;;;;:*♡♥*:;;;;;:*♡♥*:;;;;;:*♡♥*:;;;♥*:;;;;;:*♡♥*:;;;;;:*♡♥*:;;;;;:*♡♥*:;;;;;:*♡♥

* 「boeuf」の「o」「e」は、ほんとうは2文字がくっついたような1文字なのですが、どうすればいいのか、わたしには入力できませんでした~ 
心の旅人たち心の旅人たち
(2008/10)
ポール・マクダーモット

商品詳細を見る


のろまのё、どんどん東江師匠のお弟子さんたちの訳書が刊行されて、ついてゆけてません……

きょうの  はこちら 

4部構成(+訳者あとがき)の295ページ。空き時間にさらっと読めそうな量ですね。
量的にはさらっと読めそうですが、ポプラ社をのぞくと……「――死から生へ。 静かな感動に満ちた、 ほんとうの物語」とあり、わたしがこうしてブログを書いている今も癌と闘っている叔父のことを思うと、胸に響いてくるものがありそうなノンフィクション……という予感がいたします。

「出会ったとき、ヴァルは74歳。骨髄腫におかされ、もうじき消えゆく人生におびえていた彼女は、やがて僕に生きることの強さを教えてくれる最愛の人となった」――ポプラ社より

今回は「目次」は書きません  
ポプラ社さんでチェックしてくださいな

 本サイト『東江一紀親衛隊ё』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。