上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シークと睡蓮の花シークと睡蓮の花
(2009/01/10)
ボニー ヴァナック

商品詳細を見る


2008年の「新刊のご案内」、最後を飾るのはこの  一冊です 

来年のことを言うと鬼に笑われるかもしれないけど、笑われたっていいもんっ 
本書は来年、2009年1月10日発売。ただ今好評予約受付中  でーす 

(✿◡‿◡ฺ)  ♥。.゜♡゜.。♥。.゜♡゜.。♥。.゜♡゜.。♥。.゜♡゜.。♥。.゜♡

父親の命を救うため、彼女は盗人になった。命より大切なものを守るため、彼は盗人を追った。
互いが、まだ顔を合わせたことのない結婚相手であることも知らず、宿敵となったふたりの運命は……?

19世紀エジプト。
イギリスの伯爵の娘キャサリンは、慣れない異国の街を懸命に走っていた。これは父を救うため……そう自分に言い聞かせながら。
悪辣な墓泥棒に父を人質にとられ、古代の財宝の在り処が記された地図を手に入れるよう脅された彼女は、ラムセスという男から地図を盗んだ。そして今、そのラムセスに追われていた。虎のような鋭い目をした美しい男に。必死に逃げるキャサリンだったが……。

♥。.゜♡゜.。♥。.゜♡゜.。♥。.゜♡゜.。♥。.゜♡゜.。♥。.゜♡  (✿◡‿◡ฺ)


本書は、著者のデビュー作で、RWAベストヒストリカル賞を受賞した『砂漠に眠る秘宝』(翻訳:村山美雪さん)の続篇で、前作を凌ぐ冒険と官能に満ちたヒストリカル・ロマンスだそうですよ、みなさん



「続き物」ということで、前作も合わせてご紹介いたしましょう~

砂漠に眠る秘宝 (ランダムハウス講談社ロマンス文庫) (ランダムハウス講談社文庫)砂漠に眠る秘宝 (ランダムハウス講談社ロマンス文庫) (ランダムハウス講談社文庫)
(2008/03/01)
ボニー ヴァナック

商品詳細を見る


(✿◡‿◡ฺ)  ♡゜.*:.。.♡.。.:*.゜♡゜.*:.。♡.。.:*.゜♡゜*:.。.♡.。.:*.゜♡

RWAベストヒストリカル賞受賞作。
古代エジプトの秘宝をめぐるエキゾチックで官能的なヒストリカル・ロマンス!

古代の予言に導かれ、美しき黄金の髪の乙女は誇り高きシークの腕に抱かれる――

19世紀エジプト。考古学者を志すエリザベスは、発掘に参加するためアケトアテンの地を訪れた。彼女にはもうひとつ目的があった。不治の病を宣告された祖母のために、この地に眠る秘宝を探すこと。伝説によれば、その秘宝には不治の病を癒す治療法が書かれているという。しかし、初日から謎めいたシークに邪魔をされ、秘宝探しは難航する。しかもその男に会って以来、エリザベスは予言めいた奇妙な夢を見るようになって……。

♡゜.*:.。.♡.。.:*.゜♡゜.*:.。♡.。.:*.゜♡゜*:.。.♡.。.:*.゜♡  (✿◡‿◡ฺ)


 本サイト『東江一紀親衛隊ё』

Posted by ё
スポンサーサイト
恋心だけ秘密にして (ラズベリーブックス ク 2-4)恋心だけ秘密にして (ラズベリーブックス ク 2-4)
(2008/11/10)
ジュリア・クイン

商品詳細を見る


と、とまらないロマンス~
横着者の 、村山美雪さんの新刊訳書  が出ていることに気がつきませんでした! ごめんなさい 
(もっとこまめにチェックしなくちゃだめぢゃんっ

《あらすじ》
ブリジャートン子爵家の三男、コリンは社交界で最も結婚したい相手として狙われる存在。住まいが近く、妹のように扱われるペネロペは、そんな彼にずっと片想いしていたが、数年前、コリンの「ペネロペと結婚うることなどありえない」という言葉を聞いてから、想いをひた隠しにしてきた。決して実ることはないと思っても、あきらめることはできないから。ところが、そんな折り、社交界の噂を新聞に書く謎のゴシップ記者、レディ・ホイッスルダウンの正体が賭けにされた。正体探しが加熱する中、コリンとペネロペもその渦に巻き込まれていく。妹同然だと思っていたペネロペの意外な才気と可憐さを知り、心ざわめくコリン。11年に渡る、ペネロペの片想いの答えは? そして、レディ・ホイッスルダウンの正体は……? 大人気<ブリジャートン>シリーズ!――竹書房より

♥*:;;;;;:*♡♥*:;;;;;:*♡♥*:;;;;;:*♡♥*:;;;;;:*♡♥*:;;;♥*:;;;;;:*♡♥*:;;;;;:*♡♥*:;;;;;:*♡♥*:;;;;;:*♥


村山さんには、東江師匠のクラスを聴講するために初めてユニ・カレッジに行ったとき、放課後(親睦会という名の飲み会  )で1度だけお会いいたしました 

その日、村山さんが『珊瑚礁のキス』をご持参されていて、、実際にこの手にとって、訳書を拝見させていただいたんですよ~! きゃあ~~~
村山さんといっしょに松井さんも放課後にいらしてたんですが、おふたりとも若くて、びっくりしちゃいました! それまで生で見たことのある翻訳家のかたは某翻訳学校の講師陣だけだったので、どう見ても  の人生の先輩だった。でもおふたりにお会いして、翻訳って「年の功」は関係ないのね…… と思ってしまった。( 唯一の頼みの綱が絶ち切られた瞬間)

ま、そんなことはどうでもいいとして、その『珊瑚礁のキス』ラズベリーブックスだったんですよ。
もちろん、後日『珊瑚礁のキス』を購入(&読了 )しました。
ラズベリーブックスさん、がばってますね 

 本サイト『東江一紀親衛隊ё』

Posted by ё
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。