上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
月影のメロディーを胸に (フローラブックス グ 1-3 麗しのメリデュー姉妹 3)月影のメロディーを胸に (フローラブックス グ 1-3 麗しのメリデュー姉妹 3)
(2008/11/01)
アン・グレイシー

商品詳細を見る


 ロマンスの花盛り 
11月も半ば、すでに朝晩はコートが手放せなくなっている  ですが、東江師匠のお弟子さんたちは、ロマンスの花盛りのようですね 
ということで、きょうはフローラブックスから桐谷知未さんの訳書  をご紹介です 

こちらはシリーズもので、『月影のメロディーを胸に』は、「麗しのメリデュー姉妹シリーズ」第3作です。
1作目は、同じく桐谷知未さん訳の『偽りの婚約者とくちづけを』で、2作めは日向ひらりさん訳で『ラストワルツはあなたと』

※わたくし、シリーズものと気づかず、よくお尻から読んでしまうので、また間違えないように、自分のために書いておきました 

♡゜.*:.。.♡.。.:*.゜♡゜.*:.。♡.。.:*.゜♡゜*:.。.♡.。.:*.゜♡

結婚した相手に妻と子供がいることを知ったフェイスは、
身も心も傷つきながら、フランスの砂漠をさまよっていた。
そんな彼女を助けてくれたのが、帰還兵のニコラスだった。
そして身の上を知った彼は、思わぬ言葉を口にした。
「君は俺と結婚するんだ」と。
思惑があっての申し出だろうと思ったが、これでイギリスに戻れるし、
住む家も得ることができるならと、求婚を受け入れることに……。
フェイスの揺れ動く気持ちは、次第に愛へと変わるのか――
RITA賞ファイナリスト作家アン・グレイシーが放つ、
珠玉のヒストリカル・ロマンス――紀伊國屋書店

♡゜.*:.。.♡.。.:*.゜♡゜.*:.。♡.。.:*.゜♡゜*:.。.♡.。.:*.゜♡


来月は恋人たちの季節、クリスマスでもありますし、ロマンスを読んで予習という手も、ありかも 

 本サイト『東江一紀親衛隊ё』
スポンサーサイト
ハーバードMBA合格者のエッセイを読むハーバードMBA合格者のエッセイを読む
(2007/07/10)
Harbus編集部

商品詳細を見る


大変ながらくお待たせいたしました! 
本日より、東江一紀師匠のお弟子さんたちの訳書リストのアップを(徐々に)スタートいたします 

「お弟子さん」のトップを飾るのは浅田有さん 
浅田さんはデビューされたにもかかわらず(それほどの実力がありながら)、今も東江師匠の授業を受け続けていらっしゃいます!
つまりわたくし  、浅田さんと机を並べさせていただいております  ありがたき幸せ。
と言いながらじつは  、仕事の都合上、夏休み以降、授業に参加できていない。ぐすん 

☆゜.*:.。..。.:*.゜☆゜.*:.。. .。.:*.゜☆゜.*:.。..。.:*.゜☆

去年のきのう、東江師匠の退院をお祝いしてハイキング大会を催したのですが、そのとき、がきんちょ(年齢のことではありません)の  は、シャボン玉を持参いたしまして、でも「師匠はシャボン玉なんかでいっしょに遊んでくれないだろうなあ」と思い、浅田さんの元へ「浅田さん! 遊ぼうっ♪」(“遊ぼう”じゃなくて“遊んでください”でしょっ!)とすり寄っていきました。
浅田さんはいやな顔ひとつせず  の相手をしてくださり、なんと驚いたことに、東江師匠もいっしょにシャボン玉で遊んでくれました 

あの日おかされた「紫の爪病」も、先日やっと完治し(全治1年!)、今では楽しい思い出となっとります。
それに、その日は東江師匠の教え子さんのご子息が結婚式を挙げられており、二重にめでたい日であったのでした。
※  本サイト『東江一紀親衛隊ё』の写真集にハイキングのときの写真がアップしてあります。

(自分のとなりにプロの翻訳家さんが坐っているって、すんごいことだよなあ~。しみじみ……)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。